HOME>アーカイブ>声の勉強をしながら学歴を身に着けるためのサイト

ボイスアクタースクールの費用をチェック

声優

高校卒業資格を取得できる声優学校があります。高等学校として認可された場所もあれば、高認試験併用型の学校も存在します。高等学校として認可されている学校であれば、私立高校と同等もしくは通信制・定時制の学校のような取り扱いとなるので、それに準じた費用が課されます。学校としてのカリキュラムのほか、声優の勉強もあるため、月額授業料は普通科の私立高校と同等とみて差し支えないと思われます。また、高認併用型の専門学校や各種学校の場合は一括で授業料を支払うことも予想されます。入学前に資料を取り寄せて比較検討することをおすすめします。人気声優が講師として指導する学校は人気が高いといえます。また実績などもかんがみて評判をチェックしていくとよいでしょう。

通いやすさや卒業後の進路をチェックしよう

声優志望の人が選ぶ高校の中には、高卒資格を取得する以外に声優養成のためのカリキュラムが含まれています。このカリキュラムの充実さを確認することが大切です。また、確実に高卒資格が得られるかといったところも学校選びの基準となるでしょう。高認併用の各種学校であれば、高卒資格を得たい人の進路として熟慮する必要があります。また自宅から通いやすい場所にあるか、交通費や生活にかかる費用の問題も生じます。卒業生の進路などもきちんとチェックすべきでしょう。

ワークショップやデビューの道が多いか

低年齢化した声優デビュー。高校生の世代からデビューの道が開かれているというメリットがありますが、学校によってはデビューのルートすらないという場合があります。大手プロダクションとのパイプを持っているか、オーディションやワークショップなどのチャンスがあるのかといったところもチェックしていきましょう。これを怠ると、高校卒業資格は得られても声優になるための勉強については無駄にお金を使ってしまうということにつながります。

広告募集中